【ホンダ・シビック】はエコカー減税対象なの?自動車税はいくらかかる?

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


ホンダ・シビックは発売された当初から「エコ」を意識してきた車種ではないでしょうか。

CVCCを搭載したエンジンも話題となりました。懐かしく感じる方もいるのでは?

そんなシビックですが、エコカー減税は受けられるのでしょうか?

また、自動車税やランニングコストについてもご紹介します。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】はエコカー減税の対象車なの?エコカー減税とは。

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/

まずは、シビックとエコカー減税についてご紹介します。

「エコカー減税」って何?

引用:https://www.webcartop.jp/2016/06/41896

エコカー減税とはその名の通り「環境に配慮した車に対する、税金の減税・免税措置」の総称です。

環境問題が世界的な大問題となっている現代、地球温暖化の原因となる温室効果ガス、酸性雨の原因となる有害なガスの排出等に深くかかわっているのが「自動車」です。

そこで、国内外問わず各メーカーが、排気ガスの少ない車を次々と生み出しました。

トヨタがハイブリッド車を出せばマツダがクリーンディーゼル車を出し、その他「燃料電池車」「電気自動車」の研究・開発も進んでいます。

これらがいわゆる「エコカー」と呼ばれる車達です。

更に世間のバックアップもあって、現代では通常の車でさえ排出されるガスが飛躍的に減少しています。

そこで政府も環境対策の一環として、積極的にエコカーを購入する人々を支援しようと、エコカーに対して税金の優遇措置を始めました。

これが現代の「エコカー減税」の経緯です。

減税対象になる税金

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/styling/design/

ここで、エコカー減税の内容をご紹介しましょう。

エコカー減税の対象となるのは「自動車取得税」「自動車重量税」「自動車税」の3種類です。

この3種類の税金が、エコカーのエコ具合に応じて、減税もしくは免税となります。

この「エコ具合」エコカー減税を複雑にしている原因です。

現在のエコカー減税対象となるのは「平成32年度燃費基準達成車」です。

それ以外の基準は撤廃されているか、あまり意識されていない基準です。

また、軽自動車と一般車では減税度合いも基準も違ってくるのですが、今回はシビックを扱うので「一般車のエコカー減税内容」についてご紹介します。

まず、次世代自動車と呼ばれる「電気自動車」「燃料電池車」「ハイブリッド自動車」「クリーンディーゼル車」、そしてこれらには該当しないものの「平成32年度燃費基準を+40%達成している車」もしくは「平成17年度の排出ガス基準75%低減車」は、自動車取得税・自動車重量税が免除、自動車税が75%軽減されます。

つまり、昨今のガソリン車以外のエコカーはだいたいこの部類に入ります。

以下、すべて前提条件として「平成17年度の排出ガス基準75%低減車」である必要があります。

平成32年度燃費基準を+30%達成した車は、自動車取得税が80%、重量税と自動車税が75%軽減されます。

平成32年度燃費基準を+20%達成した車自動車取得税が60%、重量税が75%、自動車税が50%軽減されます。

+10%達成した車取得税が40%、重量税と自動車税が50%軽減されます。

最低限達成している車は取得税が20%、重量税が25%軽減されますが、自動車税は減税されません。

また、これらの燃費を達成していない車は減税の対象外です。

シビックは減税を受けられるのか否か

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/webcatalog/type/gasoline/

で、シビックが減税対象か否かですが、初めに言っておくと、タイプRは議題に挙げません。

なぜかって、あれはエコカーではないからです。

あれはれっきとした「スポーツカー」であり、エコロジーとか環境とは無縁の車です。

で、セダンとハッチバックの2台ですが、これはどちらも「受けられません」

「平成17年度排出ガス基準75%低減レベル」はクリアしていますが、平成32年度燃費基準についてはクリアしていません。

まあ、どちらもエコカーとして売り出されているわけではないので、仕方がないといえば仕方ないですね。

つまるところ、シビックはすべて「エコカー減税を受けられない」ということです。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】の自動車税はいくらなの?

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/performance/driving/

続いて、シビックにかかる自動車税についてご紹介しましょう。

といっても、自動車税にもいくつか種類があるのでその種類ごとにご紹介します。

①自動車取得税

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/type/gasoline/

「自動車を新しく購入した時にかかる税金」です。

一応、下記の式で計算できます。

課税標準基準額(新車価格の約90%)+ 付加物の価額(オプションやカーナビ)取得価額(1,000円未満切捨て)

取得価額×3%=自動車取得税額

つまり何もオプションをつけない場合、シビックの自動車取得税は以下の通りです。

○セダン:約71600円

○ハッチバック:約75600円

○タイプR:約121500円

②自動車重量税

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/type/gasoline/

「自動車の重さに対して払う税金」です。

1年ごとにかかりますが、車検時に車検証の有効期限内の分をまとめて支払います。

重量にかかわるので、たいしてグレードで差はありません。

シビックは一律22,500円です。

③自動車税

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/equipment/equipment/

「自動車を持っている人が払う税金」です。

毎年1回払いますが、新車を取得した年は「取得した月から3月までの税金」を払います。

取得した月とエンジンの排気量によって支払総額は変わりますが、3月に購入した時は自動車税がかかりません。

シビックの場合、セダンとハッチバックは34,500円、タイプRは39,500円です。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】のランニングコスト(費用)はどれくらいかかるの?

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/styling/design/

最後に、シビック各グレードのランニングコスト(維持費)を見てみましょう。

前提条件を提示するのでご覧ください。

○購入費用は計算に入れない

○年間走行距離:1万キロ

○ガソリン代:レギュラー146円、ハイオク158円

(2018年12月13日現在のガソリン全国平均値、小数点未満四捨五入)

○燃費:カタログ記載燃費の70%(ハッチバックは12.6km/L、セダンは13.58km/L、タイプRは8.96km/L)

○任意保険料金:月4,000円

○駐車場代:月8,000円

○車検費用(重量税・自賠償込み):14万円

○買い替え予定:10年

ハッチバックの年間維持費

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/styling/design/

ガソリン代    :125,397円

駐車場代     :  96,000円

任意保険     :  48,000円

車検費用     :  46,150円

自動車税(年)  :  34,500円

自賠責(年、概算):  16,350円

重量税      :    7,500円

年間維持費    :373,897円

セダンの年間維持費

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/webcatalog/styling/design/

ガソリン代    :107,511円

駐車場代     :  96,000円

任意保険     :  48,000円

車検費用     :  46,150円

自動車税(年)  :  34,500円

自賠責(年、概算):  16,350円

重量税      :    7,500円

年間維持費    :356,011円

タイプRの年間維持費

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/styling/design/

ガソリン代    :176,339円

駐車場代     :  96,000円

任意保険     :  48,000円

車検費用     :  46,150円

自動車税(年)  :  39,500円

自賠責(年、概算):  16,350円

重量税      :    7,500円

年間維持費    :429,839円

以上、3つのシビックの年間維持費を計算してみました。

予想通りですが、タイプRの維持費がバカになりません。

一台だけ40万円をオーバーしています。

スポーツ走行をする人は、ココにエンジンオイルやタイヤの交換費用も入ってくるので、50万円に届いてしまいそうです。

セダンとハッチバックに維持費の差があるのは、セダンの燃費が良い点と、ハッチバックはハイオクを使用するためでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/performance/driving/

以上、今回はシビックの減税についてご紹介しました。

残念ながら、シビックはエコカー減税とは無縁です。

ただ、シビックの良さは減税が受けられない程度では覆らないはずです。

それ以上にいいクルマであることを忘れないでくださいね。

おすすめ記事:

【ホンダ・シビック】に不具合やリコールはあるの?リコールとは?

【ホンダ・シビック】のオイル交換時期は?オイル量やオイル粘度について

【ホンダ・シビック】の後部座席、荷室容量、車中泊について

【ホンダ・シビック】の人気のカラーは何色?基本色や色見本は?

【ホンダ・シビック】の口コミや評価について。評判はどうなの?

シビックを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサードリンク