【ホンダ・シビック】の大きさやサイズ感、サイズ比較について

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


ホンダ・シビックは発売当初、コンパクトな外観からは想像つかない中の広さが話題となった車でもありました。

今では3ナンバー化したシビックですが、セダンからタイプRまで、幅広いラインナップを揃えています。

そんなシビックですが、サイズはどれほどのものなのでしょうか?

また、サイズ感や他車と比較した時のサイズについてもご紹介します。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】の大きさは?

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/styling/design/

まず、シビックの外寸と内寸をご紹介します。

シビックセダンの大きさ

(単位:mm)

全長 4,650
全幅 1,800
全高 1,415
室内長 1,930
室内幅 1,525
室内高 1,160

シビックハッチバックの大きさ

(単位:mm)

全長 4,520
全幅 1,800
全高 1,435
室内長 1,910
室内幅 1,465
室内高 1,160

シビックタイプRの大きさ

(単位:mm)

全長 4,560
全幅 1,875
全高 1,435
室内長 1,905
室内幅 1,465
室内高 1,160

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/

以上がシビック各グレードの大きさになりますが、いかがでしょうか。

縦に長いのがセダン、横幅が広いのがタイプR、背が高いのがハッチバックと見れば覚えやすいですね。

(タイプRも高いですが)

ですが、室内の大きさで考えると長さ・幅ともにセダンタイプが最大です。

タイプRが大きさのわりに室内が狭いのは、外寸の大きさの要因が外付けのエアロパーツだからでしょう。

ちなみに「全長4700mm/全幅1700mm/全高2000mm/排気量2000cc」のうちどれか1つでもオーバーすれば3ナンバー、すべてこの値におさまれば5ナンバー車となりますが、これを見る限りシビックはすべて3ナンバーですね。

タイプRは排気量の時点でアウトですが、そうでなくても横幅がでかすぎます。

他の2つも同様です。

ただ、3ナンバーだからといって税金が高くなるわけでもなければ無駄に維持費がかかるわけでもないので、安心していただいて大丈夫です。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】のサイズ感はどうなの?

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civicsedan/

続いて、シビックのサイズ感を考えてみましょう。

サイズ感は人によって様々ですから、ここはシビックユーザーの声を聞いて考えてみます。

ユーザーの声

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civictype-r/

購入前にイメージしてたよりはあまりものが載らない印象です。後部座席を倒せばそこそこ詰めますが、ファミリーユース(家族でキャンプに行く等)には厳しいかもしれません。(ハッチバック)

奥行きは広いですがクーペフォルムなので見た目より容量は小さめです
無理に積もうとするとリアハッチに干渉します。(ハッチバック)

車体の幅が広いので、ゆったりと座れる。(セダン)

後席は外観の見た目よりは広く、トランクも少しの荷物は入ります。過度な期待はダメです。(セダン)

長物も結構積めます。6尺なら余裕。(タイプR)

とにかく、広いので問題ない。(タイプR)

引用:みんカラ、価格.com

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civichatchback/

以上、ユーザーの声から、車の大きさに関する部分を抜粋してご紹介しました。

車のサイズ感を表すのに手っ取り早いのが積載量だと思います。

ボディの大きさだけではわからないこともあるし、荷物がどれだけ詰めるかはそのまま生活に直結するからです。

ハッチバックは、一見するとその背の高さから積載量の多さに期待が持てますが、実際意見を聞いてみるとそうでもないという意見が多かったです。

外見と比較して裏切られたという心理も働いているかもしれませんが、車中泊や数日間の旅行となるとちょっと苦しい様子。

シビックの中でも比較的スポーティな走りを売りにしているのであれば、ドライブを兼ねた数日間の旅行は想定していてほしかったですね。

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/

対してセダンの方は、積載量に期待ができないタイプのボディのわりに積載量が多いせいか、割と高評価でした。

「予想通り」という意見もあったのですが、縦横の長さを活かすと意外といろいろなものが入るようです。

また、居住空間は3グレードで最も広いので、車内空間の広さについても評価する声がありました。

タイプRは積載量云々という車ではありませんが、この車でサーキットを走るのであればスペアタイヤくらいは積めないと困りますよね。

その点は問題なさそうで、タイヤ4本くらいなら余裕で積めるとのこと。

また、こう見えてハッチバックタイプの車なので、見た目以上に多くの積載量を誇ることから、ここは高評価でした。

シビックは全グレードで弱点の少ない車なので、ハッチバックに関してはこれが数少ない弱点の1つといえるでしょう。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】と他車のサイズ比較をしてみた

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/styling/design/

最後に、日本を代表する各車両とそのサイズを比較してみましょう。

①ホンダ・フリード

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

まずは同じホンダから、コンパクトミニバン代表のフリードと比較してみましょう。

フリードには「フリード」と「フリード+」がありますが、今回は大きい方の「フリード」の大きさをご紹介します。

全長 4,265mm
全幅 1,695mm
全高 1,710mm/1,735mm(4WD)
室内長 3,045mm
室内幅 1,455mm
室内高 1,275mm/1,285mm(ガソリン車)

こちらがフリードのサイズになります。

外寸に関してはシビックが圧倒していますが、さすがに高さだけはフリードに軍配が上がります。

また、室内はボディの大きさのわりにフリードが大きく「ミニバン」のカテゴリで勝負している車はやはり強いです。

内部の広さはフリードが圧勝ですね。

②トヨタ・ヴォクシー3兄弟

引用:https://car-teach.com/compare-esquire-voxy

続いては中型ミニバンの代表、トヨタのヴォクシー・ノア・エスクァイアです。

デビュー年的にはノアが長男なのですが、最近ヴォクシーが1番人気なため、ヴォクシー3兄弟と呼ばせていただきます。

3台とも大きさはほぼ一緒なので、「ヴォクシーVグレード」の大きさをご紹介します。

全長 4,695mm
全幅 1,695mm
全高 1,825mm/1,865mm(4WD)
室内長 2,930mm
室内幅 1,540mm
室内高 1,400mm

これらがヴォクシーのサイズになります。

大きさでミニバンと比較すると、やっぱり勝てません。

7人乗りですから、さすがにヴォクシーの方が大きいです。

③トヨタ・ランドクルーザー

引用:https://toyota.jp/landcruiser/

世界最強のSUVといっても過言ではない、トヨタ・ランドクルーザー。

搭載されているエンジンは318馬力と、なんとシビックタイプRとほぼ互角です。

(その代わり燃費はものすごく悪いですが、、、)

今回は「ランドクルーザーAX」の大きさをご紹介します。

全長 4,950mm
全幅 1,980mm
全高 1,870mm
室内長 2,690mm
室内幅 1,640mm
室内高 1,200mm

こちらがランドクルーザーのサイズになります。

当然ながらボディサイズも内寸も圧倒的にランクルが上です。

ただ、室内の高さはシビックが善戦していますね。

また、横幅もそこまで差が開いていません。

これは推測ですが、ランクルはタイヤやタイヤハウスが大きいことから、室内が圧迫されているためでしょう。

とはいえ大きいことに変わりはないので、シビックを圧倒していることに間違いはありません。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civicsedan/

以上、今回はシビックの大きさについてご紹介しました。

大きさとしては比較的小さい部類に入るシビックですが、日本の狭い道路事情に合致しているわけです。

その小ささはコンプレックスではなく、ぜひ武器としてとらえましょう。

おすすめ記事:

【ホンダ・シビック】に不具合やリコールはあるの?リコールとは?

【ホンダ・シビック】のオイル交換時期は?オイル量やオイル粘度について

【ホンダ・シビック】の後部座席、荷室容量、車中泊について

【ホンダ・シビック】の人気のカラーは何色?基本色や色見本は?

【ホンダ・シビック】はエコカー減税対象なの?自動車税はいくらかかる?

【ホンダ・シビック】の口コミや評価について。評判はどうなの?

シビックを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサードリンク