【ホンダ・シビック】の外寸や外装について。機械式駐車場は問題なく入る?

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


「シビック」は、ホンダ乗用車の中で同一車名を一番長く続けてきた車です。

今や国民的乗用車の一つ、と言っても過言ではない車でしょう。

そんなシビックですが、外寸はどうなっているのでしょうか?

また、機械式駐車場は使えるのでしょうか?

外装パーツについてもご紹介します。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】の外寸、横幅、長さ、車高などの情報

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/styling/design/

シビックの外寸は以下の通りです。

シビックセダンの外寸

全長:4,650mm

全幅:1,800mm

全高:1,415mm

シビックハッチバックの外寸

全長:4,520mm

全幅:1,800mm

全高:1,435mm

シビックタイプRの外寸

全長:4,560mm

全幅:1,875mm

全高:1,435mm

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civicsedan/

ボディサイズはナンバープレートともかかわってきます。

「全長4700mm/全幅1700mm/全高2000mm/排気量2000cc」のうちどれか1つでもオーバーすれば3ナンバー、すべてこの値におさまれば5ナンバー車となりますが、これを見る限りシビックはすべて3ナンバーですね。

セダン・ハッチバック・タイプR共に全幅が大きすぎます。

タイプRに至っては排気量もアウトです。

ただ、大きさ的には3ナンバー車も5ナンバー車もあふれかえっているので、取り回しなどでいきなり苦労するようなことはないでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/

ところで「3ナンバー車だと税金高くなるんじゃないの?」と心配する人がたまにいます。

すなわち「車体が大きくなると払うお金が増えるんじゃないの?」ということですが、車体の「大きさ」で税金が変わることはありません。

自動車税は車の「排気量」でかわり、自動車重量税は「重量」で変わるため、車体の「大きさ」によって変化する税金は現状ないです。

ただし、車体が大きくなれば車重が増える場合があるので、そういう考え方であれば「自動車重量税」は増えるかもしれません。

また、車体が小さくても排気量が多ければ自動車税は増えますので、それはそれで注意しなければいけませんけどね。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】は機械式駐車場に問題なく入る?

ビル・マンション街に行くと、その中に機械式駐車場見かけます。

一定の場所まで車をもっていくと、あとは機械が自動でスペースに駐車してくれる駐車場ですね。

マンションや集合住宅などの人々が多く暮らしている場所は、それだけ車も多く止める必要がありますが、全員が平面の駐車場に止めるためには膨大な敷地が必要になります。

そんな時に機械式駐車場は、土地の上空もしくは地下の空間も利用して車を止めることができるので、駐車場として使える土地が小さい場合は重宝されます。

とまあ、地主から見ればメリットの多い駐車場であるものの、止める側からすると人によってはあまりうれしくない駐車場でもあります。

例えば駐車スペースが異常に狭かったり、集合住宅なら維持費を取られたり、など。

あとは、慣れない操作による不慮の事故が数多く報告されています。

以下、その具体例をご覧ください。

・駐車後忘れ物を取りに戻ったところ、いつもと違う操作・手順にない操作を独断で行い、装置が予想外の動きをし、巻き込まれて死亡

・庫内で入庫後にいたところ、他の利用者の操作により装置が作動、双方ともパニックになり庫内の機械に接触

・駐車時、車両のパーキングブレーキが不十分で、車両から降りた反動で車が動きだし、柵に激突、駐車装置に損害

・庫内を歩行中にバランスを崩し、装置の隙間に落下し、人身事故

・操作に不馴れな者による操作により誤操作を起こし、注意不足もあり、装置故障が発生

・他人の車両を出庫させようとした際、不馴れで接触事故

引用:MOBY

ご覧のような事故が毎年報告されています。

ぶつけた程度の軽い事故なら「あ、やっちゃった」と後悔して次から気を付ければいい話ですが、自分がケガをした、もしくは誰かをケガさせてしまったとなっては後悔だけではすみません。

そういった事故を防ぐため、機械式の駐車場には様々な制限が記されています。

引用:http://parking.sumitomo-rd.co.jp/parking/detail/twinbil_higashi

画像のように「高さ平均」「車幅平均」「全長平均」「重量平均」と、細かく制限が決められています。

最近の機械式駐車場の高さ制限は平均「1,500mm」だそうですが、これを考慮するとシビックはギリギリ入る程度です。

昨今のコンパクトカーは車高が高くなる傾向から入る車はめっきり減ってきました。

シビックもギリギリですから、よほど駐車場が開いていない限りは機械式駐車場を使うのはあまり得策ではないでしょう。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】の外装, 外装パーツにはどんなものがあるの?

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civichatchback/

ここからは趣向を変えて、シビックの外装パーツをご紹介します。

フロントグリル(セダン)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civicsedan/exterior/frontgrille/

セダン用のアフターパーツ「ブラックスポーティ」シリーズのフロントグリルです。

シックなシルバーとは打って変わった「黒」を基調としたフロントフェイスに仕上がります。

漆黒の輝きが、シルバーとはまた違った高級感を演出するほか、フロントフェイスが引き締まり、より凛々しい顔つきになりますね。

ブラックエンブレム(セダン)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civicsedan/exterior/blackemblem/

ホンダのエンブレム、そしてシビックのネームプレートをブラックにしてみました。

ホンダのエンブレムは通常ならシルバー、タイプRならレッド/ホワイトですが、このブラックもまた高級感がありますね。

フロントグリルガーニッシュ(ハッチバック)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civichatchback/exterior/frontgrillegarnish/

シックで高級感あるセダンのグリルとは打って変わった、ビタミンカラーのフロントガーニッシュです。

男らしい顔つきであったハッチバックに、アグレッシブな印象がプラスされています。

テールゲートスポイラー(ハッチバック)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civichatchback/exterior/tailgatespoiler/

テールゲートに付けるリアスポイラーです。

タイプRのような空力特性の向上といった性能アップは見込めるかわかりませんが、こちらもスポーティな印象を与えます。

LEDフォグライト(全グレード共通)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civictype-r/exterior/ledfoglight/

フォグランプ非搭載グレードには新しく、標準装備グレードにはオプションとして搭載できる、高輝度イエロー+マルチリフレクタータイプのLEDフォグランプです。

夜間や雨天など、路面の視界が悪い際にはシャープな光で運転をサポートします。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/civicsedan/

以上、今回はシビックの外装についてご紹介しました。

外装は誰に目にも触れますから、傷や汚れに十分注意して、いつまでもきれいな外装を保ちましょうね。

おすすめ記事:

【ホンダ・シビック】に不具合やリコールはあるの?リコールとは?

【ホンダ・シビック】のオイル交換時期は?オイル量やオイル粘度について

【ホンダ・シビック】の後部座席、荷室容量、車中泊について

【ホンダ・シビック】の人気のカラーは何色?基本色や色見本は?

【ホンダ・シビック】はエコカー減税対象なの?自動車税はいくらかかる?

【ホンダ・シビック】の口コミや評価について。評判はどうなの?

シビックを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサードリンク