【ホンダ・シビック】の安全性は高いのか?自動ブレーキや横滑り防止機能について

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


常に先進技術を開発し、チャレンジしてきたホンダ。その中で最も長い歴史を持つのがシビックです。

シビックは多様なボディ形状をラインナップし、ユーザーのニーズに対応してきました。

そんなシビックですが、安全性はどのようになっているのでしょうか。

また、自動ブレーキや横滑り防止の性能はどれほどなのでしょうか。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】は運転しやすい?運転しにくい?

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/webcatalog/styling/design/

安全運転のためには、その車の運転しやすさが重要なポイントの1つになります。

そこで、シビックの運転しやすい要素をいろいろご紹介しましょう。

アジャイルハンドリングアシスト(セダン・ハッチバック・タイプR)

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/webcatalog/performance/driving/

全グレードに共通して搭載されている旋回支援システムです。

コーナーリング時にブレーキをシステムで綿密に制御し、ステアリング切り始め時の回頭性や旋回中のライントレース性を向上させることができます。

これにより、コーナーリング中のハンドル操作に対する忠実な操作性を実現しています。

LEDヘッドライト(セダン・ハッチバック・タイプR)

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/performance/active-safety/

シビックのLEDヘッドライトは、夜間でも遠くまで明るく均一に照らすので、様々な状況下で安心して運転できる視界が確保できます。

点灯の瞬間から最大の光量を放つので、たとえトンネル進入直後でも安心感のある視界を提供します。

ヒルスタートアシスト機能(セダン・ハッチバック・タイプR)

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/performance/active-safety/

登り坂の途中の信号などで、どうしても登り坂途中で停止しなければならないときがあります。

停止後の発進でブレーキからアクセルへペダルを踏みかえるとき、どうしても車が後退します。

慣れていてもこの恐怖感は拭い去ることはできませんよね?

シビックのヒルスタート機能は、このペダルを踏みかえる瞬間の約1秒間、車の後退を抑制する機能です。

これにより、その瞬間のヒヤッとする恐怖感を軽減することができます。

以上、他にもたくさんの機能がありますが、これだけ紹介すれば、シビックがいかに運転しやすい車かご理解いただけたかと思います。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】の安全性は高いのか?自動ブレーキの性能は?

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/styling/design/

つづいて、シビックの安全性および自動ブレーキについてご紹介しましょう。

サポカー


引用:https://www.safety-support-car.go.jp/

最近「サポカー」という単語を耳にする機会が増えてきました。

これは、日本政府(厳密には国土交通省)が決めた「一定の基準以上の安全性能を持った車」の総称です。

すなわち、サポカー認定を受けた車は、一定水準以上の安全性能を持った車ということになります。

シビックももちろん該当しており、一定の安全性能を持ったことになります。

サポカーには4つのグループがあり

自動ブレーキを搭載した「サポカー」

対車両用低速自動ブレーキとペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載した「サポカーSベーシック」

対車両用自動ブレーキとペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載した「サポカーSベーシック+」

対歩行者用自動ブレーキとペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載した「サポカーSワイド」

があります。

あくまで装置の量で判別されるのであって、装置の性能が違うわけではありません。

シビックは、ハッチバックとセダンがそれぞれ「サポカー」、またハッチバックの6速MT車が「サポカーSワイド」に該当しています。

尚、タイプRについては予防安全装置が装着されていません。

まあ、スポーツカーですしね、、、

Honda SENSING

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/performance/active-safety/

ホンダの誇る安全装備が「Honda SENSING(ホンダ・センシング)」。

トヨタの「Toyota Safety Sense」と並ぶ、日本を代表する安全装備です。

ミリ波レーダーと単眼カメラを利用した障害物検知機能を車前方に取り付け、安全・安心・快適な運転を支援するシステムという点ではどちらも同じですが、Honda SENSINGは対歩行者発見能力でToyota Safety Senseを凌駕しています。

シビックに搭載されているHonda SENSINGの機能は以下の6つです。

①衝突軽減ブレーキ、、、衝突事故を軽減するためのブレーキシステムです。

②路外逸脱抑制機能、、、車線を逸脱しないためのステアリング&ブレーキアシストシステムです。

渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール、、、前方の車に追従して自動走行を行います。

④車線維持システム、、、車線の中心を安定走行するステアリングアシストシステムです。

⑤オートハイビーム、、、対向車や前走車を見て自動でハイ/ロービームを切り替えるシステムです。

標識認識機能、、、標識を自動認識して注意を促す機能です。

自動ブレーキ

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/performance/active-safety/

シビックに搭載されている自動ブレーキ(CMBS)は、前走車・対向車・歩行者との衝突回避を支援するためのブレーキです。

衝突の危険があると判断された場合、音とメーターでまずドライバーに警告します。

更なる接近が予想されたときは軽いブレーキングを自動で行い、ドライバーがブレーキをかけられない、止まれないといった事態では強力なブレーキアシストを車自らがかけることで衝突回避・被害軽減を行います。

実際の作動速度や制動距離はホンダの方針で明らかになっていませんが、このような「自動ブレーキ」の開発・実践はホンダが世界初であり、自動ブレーキのパイオニアとして国内でも指折りのブレーキシステムを搭載していることは事実です。

尚、「自動ブレーキ」と謳っていますが完全自動なのではなくあくまで「衝突回避”支援”なので、能力を過信することなく自分でブレーキはかけましょう。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】の横滑り防止機能について

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/styling/design/

横滑り防止装置とは、自動車のハンドル操作時に姿勢を安定させるためのシステムです。

欧米では「Electronic Stability Control(ESC)」と言ったりします。

日本語に無理やり訳すなら「電子姿勢制御」でしょうか、、、

国土交通省により装着が義務化されており、2012年10月以降に発売、あるいはフルモデルチェンジした車であれば、すべて横滑り防止装置が搭載されています。

シビックの横滑り防止装置「VSA」

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/performance/active-safety/

シビックに搭載されている横滑り防止装置「VSA」についてご紹介します。

VSAとは「Vehicle Stability Assist」の略で、日本語では「車両挙動安定化制御システム」といいます。

これは、EBD付ABSとTCS、横滑り制御の3つの機能を制御することで車の安定化を図るシステムです。

ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)ブレーキング時のタイヤロックを防ぐシステムで、EBD(電子制御制動力配分システム)が搭載されることで4輪すべてのブレーキングを制御することができます。

TCS(トラクション・コントロール・システム)パワーのある車のホイールスピンを抑制するシステムです。

これら2種類の電子制御に横滑り抑制機能を合わせた三位一体の力で、シビックの走行安定性を大きく向上させています。

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/performance/driving/

以上、今回はシビックの安全性についてご紹介しました。

タイプRは例外だとして、ハッチバックとセダンには予防安全の装備が充実していることがわかりました。

また、衝突安全性能については全グレードで高性能なのでご安心ください。

車を持つ以上、いつでも安全運転の姿勢を忘れないようにしましょうね。

おすすめ記事:

【ホンダ・シビック】に不具合やリコールはあるの?リコールとは?

【ホンダ・シビック】のオイル交換時期は?オイル量やオイル粘度について

【ホンダ・シビック】の後部座席、荷室容量、車中泊について

【ホンダ・シビック】の人気のカラーは何色?基本色や色見本は?

【ホンダ・シビック】はエコカー減税対象なの?自動車税はいくらかかる?

【ホンダ・シビック】の口コミや評価について。評判はどうなの?

シビックを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサードリンク