【ホンダ・シビック】のオイル交換時期は?オイル量やオイル粘度について

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


ホンダ・シビックは多くの人に親しまれてきた、長い歴史を誇るホンダを代表する乗用車です。

幅広い年齢層に支持され、ボディ形状のラインナップも多岐にわたって展開されてきました。

そんなシビックですが、例外なくエンジンオイルは交換する必要があります。

その交換時期や粘度や量、交換費用についてご紹介します。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】のエンジン不調の原因は?オイル交換で直る?

車を運転中「加速が鈍くなったな」とか「燃費落ちたな」など、パワーに関する不調を感じることもあるでしょう。

エンジン本体のパーツの消耗や一部故障も考えるべき案件なのですが、もう1つ疑ってみたいのが「エンジンオイルの劣化」です。

そもそもエンジンオイルとは「エンジンの中でいろいろな仕事をしてくれる油」のことです。

では、その仕事とはどのような仕事でしょうか。

オイルの仕事① 潤滑

エンジンは様々なパーツがお互いに連動して動いてますから、随所で摩擦が生じます。

摩擦が発生すると、摩擦による部品の摩耗が生じます。

エンジンオイルを使うことで摩耗の速度が減少し、エンジンがスムーズに運動します。

オイルの仕事② 冷却

エンジン内部での摩擦は、同時に高熱を発生させます。

いわゆる「摩擦熱」と呼ばれるエネルギーです。

エンジン内のオイルクーラー(もしくはオイルパン)で冷却されたオイルがエンジン各部を循環し、その過程でエンジン内の熱を奪ってまたオイルクーラー等に戻っていきます。

これにより、エンジンの高熱をある程度抑えることができます。

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/performance/driving/

オイルの仕事③ 気密

エンジン内部のシリンダーとピストンの接触部分は、熱膨張を想定してあらかじめ隙間が設けられています。

その隙間にエンジンオイルが入り込んでシリンダー内部の気密を保持することで、エンジンの正常な燃焼を助けます。

オイルの仕事④ 清浄分散

エンジンは稼働期間が長くなるにつれ、汚れや酸化物が発生します。

これらはエンジン故障・寿命低下を招いたりするので、あまり好ましくありません。

内部に循環しているエンジンオイルは、汚れを取り込んで分散させたり酸化物を中和させる働きがあります。

ガソリンエンジンのオイルが時間とともに黒ずんでいく理由はこのためです。

これらがエンジンオイルの仕事になります。

この仕事を循環しながら行うわけですが、酸化したり、エンジン内部での汚れを吸着していくにつれ、少しずつ品質が落ちていきます。

また、車にあまり乗らない場合でもオイルの経年劣化は必然です。

劣化したオイルは粘度が低下して気密の保持ができなくなり、エンジンの不調、場合によっては故障につながります。

すなわち、車に乗っていようが乗っていまいがエンジンオイルは定期的な交換が必要になるわけです。

エンジンオイル交換の目安次期

引用:https://www.yamaha-motor.co.jp/parts-search/genuine/oil/index.html

エンジンオイルの交換時期は環境や運転時間等によって前後するので一概には言えませんが、おおむね以下の通りです。

<<ガソリン車>>

ターボ車:5,000kmまたは6ヶ月

普通車:15,000kmまたは1年

<<ディーゼル車>>

10,000kmまたは1年

引用:JAF

もし悪路での走行が多かったり、走行距離が極めて長かったり、アップダウンの多い道をよく走ったりする方などは、この半分を目安に交換を考えましょう。

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】のオイル量やオイル粘度について

引用:https://www.sportscarlife.net/engine-oil-change

ここからは、更にオイルについて掘り下げて考えてみましょう。

シビックのエンジンオイルの量

シビックのエンジンオイル量は以下の通りです。

○フィルターなし:セダン・ハッチバック3.2L、タイプR5.0L

○フィルター込み:セダン・ハッチバック3.5L、タイプR5.4L

フィルターとは、エンジンオイルをろ過するためのオイルフィルターのことです。

ココにもオイルが一定以上入っているので、オイル交換の時はフィルターごと交換する人も多いです。

エンジンオイルの「粘度」

引用:http://www.03oil.net/?p=149

実はエンジンオイルは様々な種類があり、主にオイルの「粘り気」、つまり粘度で分けられます。

車によって種類が違うわけではなく、自身のカーライフから考えて最適であろうオイルを選ぶ必要があります(推奨されるオイルはありますが)。

そのときに使用するのが「寒さへの強さ」と「暑さへの強さ」を表す数値です。

オイルの缶やラベルを見ると「5W-30」のようにかかれていますから、すぐ見つかると思います。

ハイフンの左側は低粘度、すなわち「寒さへの強さ」を表し、数字が小さい程強くなります。

寒さに強いオイルであれば、粘性が低いことからエンジン始動がよくなったり、燃焼効率がよくなります。

ハイフンの右側は高粘度、すなわち「暑さへの強さ」を表し、数字が大きい程強くなります。

暑さに強いオイルであれば、粘性が強いことから耐摩耗性が向上したり、スポーツ走行能力が向上します。

下記の表をもとに、自分の生活に適したオイルを選びましょう。


引用:http://www.yellowhat.jp/product/engine_oil/mametisiki/

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】のオイル交換費用は?

エンジンオイルの交換は、タダでやってもらえるわけではありません。

当然交換には、新しいオイル代や交換してもらうときの費用などのお金が必要になります。

どのくらい必要かは方法によって違うので、それぞれのやり方で考えてみましょう。

①自分でやる

引用:http://demio-de5.net/oil.html

これは一番安い手段です。

自分でやる分工賃が無料ですからね。

ただし、初期投資は結構なお金を必要とします。

○エンジンオイル上抜き

オイルチェンジャー:2,000円~7,000円

廃油処理箱:200円~400円

オイルジョッキ:400円~2,000円(容量によって料金差あり)

○エンジンオイル下抜き

ジャッキ:4,000円~16,000円

ジャッキスタンド:2,000円~4,000円

ドレンパッキン:400円~600円

一度道具をそろえてしまえば以降はその道具を繰り返し使うだけなので、新しいオイルやフィルターさえ毎回用意すれば、オイル交換は無料で完了です。

ただし、慣れるまでは非常に面倒くさいので覚悟してください。

②ガソリンスタンドでやってもらう


引用:https://www.noe.jxtg-group.co.jp/consumer/eneos/

ガソリンスタンドに行ってオイル交換の広告を観たり、オイル交換を勧められた人もいらっしゃるかもしれませんが、その通りガソリンスタンドではオイル交換をしてもらえます。

メリットとしては混んでなければ予約なしで交換してもらえるので、急に交換が必要になっても安心できる点です。

ただ、ガソリンスタンドでのオイル交換は法律上「軽整備」という扱いなので、有資格者でなくても交換可能です。

「ガソリンスタンドの整備士さんだと思ったらバイト君が交換してました」なんていうこともありますので、気になる方はカー用品店やディーラーへ行って交換してもらいましょう。

各ガソリンスタンドは経営母体やスタンスが異なるため料金は一概には言えませんが、オイルグレードが1,000円~3,000円、工賃が500円~1000円あたりが一般的です。

例えばシビックセダンのオイルをすべて取り換え、かつ中堅くらいのオイルで工賃が1000円なら

オイル交換料金=2000円×3.5L+1000=8000円

くらいの料金になります。

③カー用品店でやってもらう


引用:http://autobacs.blue-oc.com/

オートバックスやイエローハットなど、カー用品店はオイル交換をしてくれます。

メリットとしては、カー用品店なので豊富なオイルから店内で選んで交換してもらえるということと、ちゃんとした整備士の人に交換してもらえるという点です。

デメリットとしては、カー用品店は3~4Lでオイルが売られているので、余ったオイルを持ち帰るなどしなければならない点です。

ただ、持ち帰ったオイルを次の交換の足しにすることもできますよ。

費用は、代表的な2店舗をご紹介します。

○オートバックス※オイル代除く

オイル交換:540円~(オイル会員は無料)

オイルフィルター交換:540円~(オイル会員は無料)

○イエローハット※オイル代除く

オイル交換:540円~(会員無料)

オイルフィルター交換:756円~(会員無料)

④ホンダディーラーで交換してもらう

引用:https://hondacars-sendaikita.co.jp/dealer/

購入したお店に限らず、ホンダのディーラーでもオイル交換をしてもらえます。

メリットとしては、プロの整備士がその場で交換してくれる点はもちろん、店内でのんびり待てるという点でしょう。

ドリンク等のサービスが充実しているディーラーがほとんどなので、待ち時間も苦にならない場合が多いです。

デメリットとしては、法定点検以外の点検のセールスをしてくる点と、お店によっては予約が必要な点でしょう。

ただ、予約についてはホンダの公式ホームページで可能です(https://www.honda.co.jp/afterservice/oil/)。

尚、金額はお店によって異なるので、1店舗だけ例示します。

○ホンダカーズ東京中央店

オイルがウルトラLEO(1323円/L)、かつフィルター交換もした場合

1323×3.5L+4471(最低料金)=約9102円

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/webcatalog/styling/design/

以上、オイルについて様々なことをご紹介しました。

エンジンは心臓、オイルはその心臓を守る大切な液体です。

常に質の良い、きれいなオイルを循環させてあげましょう。

 

おすすめ記事:

【ホンダ・シビック】に不具合やリコールはあるの?リコールとは?

【ホンダ・シビック】の後部座席、荷室容量、車中泊について

【ホンダ・シビック】の人気のカラーは何色?基本色や色見本は?

【ホンダ・シビック】はエコカー減税対象なの?自動車税はいくらかかる?

【ホンダ・シビック】の口コミや評価について。評判はどうなの?

【ヴォクシー】のオイル交換時期・オイル量・オイル粘度の情報

【スバル・レヴォーグ】のオイル交換時期は?オイル量やオイル粘度の情報

シビックを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサードリンク