下取りに出すなら「一括査定サイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは30万円の下取りが、
買い取り業者では80万円になることも
多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの大切な愛車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

とは言っても車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

 

2017年に販売開始されたシビックはタイプRをベースに製作されました。

したがって、後部座席スペースの快適性については、他のファミリーカーと比較した場合には狭く感じられるかもしれません。

 

また荷室容量も同様です。

似たような車種と比較した場合シビックの積載性能はどうかを判定していきたいと思います。

 

車中泊については冒頭でも述べたとおりタイプRをベースに設計されているので、予想はつくと思いますが、検証していきます。

 

 

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】の後部座席について

引用元:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/interior/cabin/

 

荷室の大きさについては後述しますが、Cセグメント車ではシビックはトップレベルの容量と使い勝手を備えていると言えます。

一方で後席の居住性は決して優れているとは言えません。

 

Cセグメント車とは主にヨーロッパで使われている乗用車をわかりやすく分類、ランク付けするための概念です。

具体的には、A〜E、Fなどのアルファベットを用い、それぞれのセグメントで乗用車を分類しています。

基本的には、A〜Eの順に大型、高級化していき、Fセグメントは一線を画した超高級車となっています。

 

Cセグメントは、具体的には、全長4350mm〜4600mmでセダン、またはステーションワゴンか、もしくは全長4200mm〜4500mmのショートワゴン、ハッチバックをCセグメントと分類します。

 

シビックの後部座席のシートサイズは大きめに作られておりホールド性はあまりよくないと言わざるを得ないでしょう。

 

後部座席に座った時の足元の広さの目安として前席とどれぐらいヒザの隙間ができるかという目安があります。

これはニークリアランスと呼ばれることもあります。

 

シビックハッチバックでは約20cm、セダンは約30cmと充分に感じられるかもしれません。

 

しかし低重心化のため1415~35mmに設定された全高と、車体後方のクーペ的なフォルム実現のため後ろ下がりとされたルーフラインのせいで、身長の高い人には少し窮屈に感じるかもしれません。

 

また後席は前席に比べると居住感がかなり落ちると意見する声もあります。

 

2,700mmという長めのホイールベースの恩恵で膝下空間(二―クリアランス)のゆとりはたっぷりあり満足できるとの評価の一方で、ルーフ後ろがかなり落とし込まれた0フォルムと後席頭上空間を両立させるために、シートバックがかなり傾斜しています。

 

そのため短時間のドライブであれば狭苦しいというほどではありませんが、この後ろに倒れた姿勢で長時間乗車していると、窮屈に感じるかもしれないという声があることは知っておきましょう。

 

もしも後部座席の居住性を上げるならば、運転席と助手席の下部分のスペースをとり、足先を入れられるようにすべきだったと言えるでしょう。

 

引用元:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

スポーツクーペの86とBRZはこのような工夫がされています。しかし、この車たちは2ドアクーペなのでシビックと比較するのは酷というものでしょう。

 

シビックは4ドアとしては、後部座席の居住性を十分に確保されていると言えるでしょう。

 

気になる後部座席の乗り心地ですが、足回りはそれほど固くなく長距離(片道300km以上)の移動でなければ体、特に腰への負担は少ないと言えます。

 

このクラスとしては、珍しくエアコンのアウトレット(吹き出し口)がセンターコンソールの後ろ端に取り付けられています。

ドイツ車勢ではついていることが多いのですが、国産ハッチバックではエアコンのアウトレットは付いていない事が多いです。

ゴルフなどを始めとする欧州車勢と競合することを考慮しての設定かもしれません。

残念な点は、運転席シートバックにポケットなどの収納が無いことです。助手席側には付いています。

一方でこれもまた珍しいのですが、新型シビックには後席アームレストもしっかり完備していることです。ただし、タイプRには後部座席のアームレストは装着されていません。

 

また後部トビラにツイーターが装着されているのもポイントのひとつです。

ちなみにツイーターとは、高音域を専門に鳴らすスピーカーのことです。

 

このツイーターが装着されていることによって少し高級感が増しているように感じることができるかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】の荷室容量は?

引用元:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/interior/utility/

 

ファミリーカーにとっては重要な荷室容量ですが、シビックハッチバックもセダンも積載容量ではファミリーカーに負けていません。ハッチバックが420L、セダンが519Lの大容量となっています。

 

前者は最大開口幅1120mm/最大開口高960mm、後者は最大開口幅1100mm/最大開口高450mmと大きく、さらに双方とも後部座席部分が6:4の分割可倒式となっているため、使い勝手は良好と言えるでしょう。

 

さらにシビックハッチバックは、世界初となる横引きカーゴエリアカバーを標準装備しています。

 

引用元:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/interior/utility/

 

カーゴエリアカバーとは、荷室に荷物が入っているのを隠してくれるカバーのことです。多くのハッチバック車ではトノカバーと呼ばれています。

 

しかも左右どちらからでも引き出し・巻き取り収納できるよう両サイドに設置可能としています。

 

従来のトノカバーは多くの荷物を積む際に外した後の保管場所にもスペースを取るのが難点のひとつでした。

シビックハッチバックのタイプのカーゴエリアカバーならば、その問題も解決できます。

 

 

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】で車中泊はできるのか?

引用元https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/interior/utility/

 

後席を倒すと、多少段差はありますが、広大なラゲッジスペースに変身します。フルフラットにはなりませんが、収納力は十分です。

斜めになれば、足を伸ばして大人一人が寝られるかもしれません。シートの硬さが気になる人はマットレスなどを引けばいいでしょう。

 

しかし、車中泊で家族キャンプをしようと考えているならばそれは無理と思ってください。

 

引用元:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/webcatalog/interior/utility/

※上記の画像はシビックセダンの後部座席を倒したイメージ画像です。

 

前述したように後部座席を倒しても、斜めにならないと大人一人寝ることはできません。

 

収納スペースはこのクラスでは大きいので、テントなどを積んでキャンプに出掛けることは可能かもしれませんが、快適に車内で寝たいと考えているならばそれは無理と言わざるを得ないでしょう。

 

成人男性一人で出かけて仮眠をとる分には問題ないかもしれませんが、それ以上の期待はシビックにするのはやめましょう。

 

だからといってシビックの購入をあきらめるのではなく、車中泊をする際はレンタカーを借りるなどして家族の理解を得る努力をしましょう。

 
おすすめ記事:

【ホンダ・シビック】に不具合やリコールはあるの?リコールとは?

【ホンダ・シビック】のオイル交換時期は?オイル量やオイル粘度について

【ホンダ・シビック】の人気のカラーは何色?基本色や色見本は?

【ホンダ・シビック】はエコカー減税対象なの?自動車税はいくらかかる?

【ホンダ・シビック】の口コミや評価について。評判はどうなの?
 

シビックを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「一括査定サイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「一括査定サイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは30万円の下取りが、
買い取り業者では80万円になることも
多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの大切な愛車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

とは言っても車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

スポンサードリンク