【ホンダ・シビック】VS【VWゴルフTSI】を比較!どっちが買いか

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


 

今回はホンダ・シビックとボルクスワーゲン・ゴルフTSIの2台を比較していきます。

比較するポイントは価格面と、車両の大きさ、燃費の3点です。

 

同じハッチバックスタイルの車として、どちらが買いなのかを見定めたいと思います。

 

引用元:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golf.html#home

 

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】VS【VWゴルフTSI】の価格情報

 

ホンダ・シビックのお値段ですが、車両本体価格は2,800,440円(消費税込み)からとなっています。

ちなみに、ボディカラーを白のホワイトオーキッド・パールにすると別途37,800円(消費税込み)となるので注意が必要です。

 

また少しでも車両ホな帯価格を抑えたいならば、安全装備のHonda SENSINGを装備しない仕様を選択するのもひとつの選択肢です。価格は2,730,240円からになります。なお、こちらはCVT仕様のみです。

 

セルフ見積もりでオプションなどつけずマニュアル仕様車とCVT仕様車で価格差を調べてみると、マニュアル仕様のほうがおよそ70,000円高い結果となりました。

 

シビックをとにかく安く買いたいならば、Honda SENSING非装備のCVT仕様が一番お得ということになります。

 

シビックハッチバックのグレードラインアップがマニュアル仕様かCVT仕様かのほぼ2択なのに対して、ゴルフTSIには3つのグレードが用意されています。

さらに、特別仕様車を含めると5つのバリエーションから選択することが可能です。

 

最下級グレードのTSI Trend lineは車両本体価格が2,539,000円(消費税込み)からとなっています。

真ん中のグレードとなるTSI Comfort lineは2,799,000円(消費税込み)からです。

 

このTSI Comfort lineの特別仕様車となるTech Editionは2,999,000円(消費税込み)からです。

このTSI Comfort line Tech EditionはヘッドライトをLED化しているのと、17インチホイールを採用しているところがTSI Comfort lineとの大きな違いとなっています。

 

TSI Comfort lineが装備しているタイヤサイズは16インチなので、一回り大きいタイヤを履いていることになります。

 

ゴルフTSIの最上級グレードのTSI Highline は3,319,000円(消費税込み)からです。

こちらのグレードにもTech Editionが設定されており、TSI Highline Tech Editionのお値段は3,499,000円(消費税込み)からとなっています。

 

このTSI Highline Tech Editionではデジタルメーターや純正インフォテイメントシステムDiscover Pro、後続車からの視認性を高めるためのダイナミックターンインジケーター付きLEDテールランプなどの、安全テクノロジーもすべて標準装備です。
また専用の17インチアルミホイールが足元を引き締めてくれて、個性を引き出してくれます。

 

 

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】VS【VWゴルフTSI】の大きさは?

引用元:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/

シビックハッチバックとゴルフTSIの車両サイズを主要諸元表で確認したいと思います。

まずシビックハッチバックの全長は4,520mm、全幅が1,800mm、全高は1,435㎜です。

 

対してゴルフTSIの全長は、4,266㎜、全幅1,800㎜、全高は1,480㎜です。

 

どちらもほぼ同じサイズと言って過言ではないでしょう。全長はシビックハッチバックのほうが約25cm長く、全高では約5cmゴルフTSIが高い結果となりました。

 

驚くことに全幅は1800㎜とまったく同じなのです。日本での5ナンバーサイズの最大寸法は1700mmなので、どちらも3ナンバー扱いになります。

 

それでは普段の運転のしやすさに影響が大きい最小回転半径を比べてみたいと思います。

主要諸元表によればシビックハッチバックは5.5mで、ゴルフTSIは5.2mです。

したがって、ゴルフTSIのほうがわずかではありますが、取り回しはしやすいと言えるかもしれません。

 

車の大きさでよく比較されるホイールベースと最低地上高ですが、こちらについてはほぼ同じなので割愛させていただきます。

 

続いては燃費にも影響してくる車両重量を比べてみたいと思います。

シビックハッチバックは5速マニュアル仕様が1,320kg、無段変速オートマチック仕様は1,350kgです。

 

ゴルフTSIはグレードによってわずかに車重が異なっています。

TSI Trend lineとTSI Comfort lineは1,240kgでハイエンドモデルのTSI Highlineは1,320kgです。

 

車両重量に関してはオプション装備の有無によっても変わってきますので、実際に自分好みに仕上げた場合にどれぐらいの重量差になるかに注目していただきたいと思います。

 

シビックハッチバックの無段変速オートマチック仕様とゴルフTSI Comfort lineで比較すると、車重差は110kgにもなります。

 

しかし、燃料タンク容量に注目するとシビックハッチバックが45 Lなのに対して、ゴルフTSIは60Lです。その差はわずか15kgですが、燃料を満タンにしたときの実燃費にどれぐらい影響が出てくるかは気になるところではあります。

 

 

スポンサードリンク

【ホンダ・シビック】VS【VWゴルフTSI】の燃費を比較!

引用元:https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/

 

燃費を比較する前にシビックハッチバックとゴルフTSIは両車ともに無鉛プレミアム仕様だということをご留意ください。

余談ですが、シビック『セダン』のほうはレギュラー仕様となっています。

 

それでは気になる燃費ですが、燃料消費効率(国土交通省審査値)=JC08モードでの数字で比較をします。

 

まずはシビックハッチバックですが、5速マニュアル仕様が17.4km/Lで無段変速オートマチック仕様は、18.0km/Lです。

比較対象となるゴルフTSIはTSI Trend lineとTSI Comfort lineでは19.1km/Lと表記されています。

 

ゴルフTSIの最上級グレードであるTSI Highlineの燃費は18.1km/Lとなっています。

これは、前述した2台との車重差が600kg近く重いのにも関わらず、低燃費だと言えるのではないでしょうか。

 

引用元:https://autoprove.net/vw/110231/?a=all

 

このTSI Highlineのグレードがこれだけの低燃費を実現している理由は、『気筒休止システム』にあると言えるでしょう。

 

気筒休止システムとは、低負荷から中負荷運転時に、4気筒のうちの2気筒を一時的に停止することによって、燃費性能を大幅に向上させることが目的です。その手法のポイントとなるのは、2気筒での運転時は、4気筒の運転よりスロットル開度が大きくなり、運転している2気筒の負荷が大きくなることでポンピング損失を低減できるところにあります。

 

さらに、このエンジンにニュートラルギヤでエンジンが停止するアイドリングストップシステムを組み合わせた場合は、最大で100km あたり約0.6Lの燃料削減が可能としています。

 

この技術は、一定速度で走行しているときにもっとも大きな効果を得ることができるように設計がなされています。

 

そして、4気筒から2気筒への切り替え時や2気筒で走行している場合も、この1.4LのTSIは静粛性に優れており、揺れも抑えられているなど、高い効率と走行快適性能をともに実現しいます。

 

気筒休止(可変排気量)エンジンは、1981年のキャデラックV8型エンジンが世界初とされています。

1982年には三菱が4気筒の気筒休止システムを採用したMD型エンジンをミラージュに搭載しています。

 

これ以外にもメルセデスベンツの12気筒エンジン、ホンダのシビックハイブリッド、同じくホンダのインスパイアのV6型エンジンにも採用(呼称はVCM)されています。

またこのエンジンはエリシオンや、アメリカ仕様のオデッセイなどに採用されています。

 

このように、気筒休止システム自体は最新鋭の目新しいシステムではないのですが、ボルクスワーゲンの場合は、最新のエンジンのため徹底したフリクションの低減が行われていることと、従来のポート噴射式では難しかった正確な燃料制御が直噴システムにより可能となっています。

 

さらに気筒休止システムの制御ソフトウエアを大幅に進化させることで、よりすぐれた気筒休止システムが実現できたのです。

 

上記の理由からゴルフTSI Highlineの燃費は18.1km/Lという驚異的な数値を出すことができているのです。

 

もし、燃費を重視するのであればシビックハッチバックよりゴルフTSIのほうが優秀と言えるでしょう。

 

したがって今回の3点のポイントで比較するのであれば、ゴルフTSIのほうがお買い得と言えます。

おすすめ記事:

【ホンダ・シビック】に不具合やリコールはあるの?リコールとは?

【ホンダ・シビック】のオイル交換時期は?オイル量やオイル粘度について

【ホンダ・シビック】の後部座席、荷室容量、車中泊について

【ホンダ・シビック】の人気のカラーは何色?基本色や色見本は?

【ホンダ・シビック】はエコカー減税対象なの?自動車税はいくらかかる?

【ホンダ・シビック】の口コミや評価について。評判はどうなの?

シビックを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサードリンク